Googleマイマップの応用。視認性が大幅UPするライン・シェイプ機能【応用編①】

シェアする

top-google-mymaps-4

前回の記事「Googleマイマップの公開方法。共有、埋め込み、プレビュー、デフォルトビュー【基本編③】」では、地図のプレビュー、共有範囲の設定、Webサイトへの埋め込みについてご説明しました。

今回は応用編①ということで、さらに便利な機能をご紹介していきます。

解説するは以下の4点です。

  1. 距離・範囲の総面積を測定
  2. シェイプを追加する
  3. ラインを追加する
  4. 地図に説明文章を表示する

それでは早速見ていきましょう。

■0.マイマップを開きましょう

Googleマイマップ >>

いつも通りマイマップから編集したい地図を選択します。

■1.距離・範囲の総面積を測定

□1-1.Googleマップの場合

Googleマップでは地図上で距離や面積を調べることができます。

簡単に手順を説明すると、

(1)地図上の始点にしたい場所で右クリック
(2)「距離を測定」をクリック
(3)測りたい場所でもう一度クリック

何度も地図上をクリックすることで合計距離が計測できます。

また、ぐるりと一周して始点を終点にすることで、範囲内の総面積を計算してくれます。

面積の単位は平方「メートル」です。

↓新宿御苑の外周距離と総面積です。

my-map-10-1

□1-2.Googleマイマップの場合

同じ機能がマイマップにもあるので見ていきましょう。

やり方はほぼ一緒で、始点と終点を決めるだけです。

↓検索枠の下にある定規のアイコンをクリックします。

my-map-10-2

新宿御苑をぐるりと1周して外周と総面積を測定します。

面積の単位は平方「キロメートル」です。

↓同じく外周距離と総面積です。

my-map-10-3

□1-3.双方の地図の欠点

線の引き方で若干の誤差が出ましたが、どちらの地図でも大体同じ結果となりました。

便利な機能ですが、欠点が2つあります。

1.複数の計測結果を表示できません。1回に1つに計測結果のみです。
2.計測結果は保存することもができません。

距離を比較したり、どちらの範囲が大きいのか、地図上で見比べることができないんですね。

そこでGoogleマイマップのもう一つの機能を利用してみましょう。

■2.シェイプを追加する

マイマップではライン(線)やシェイプ(図形)をマップ上に表示して、保存することができます。

コツはレイヤーを分けて追加していくことです。

地図が見やすいように他のマーカーは非表示にしています。

↓「レイヤを追加」をクリックします。

my-map-10-4

↓レイヤ名をクリックして名前を変えましょう。

my-map-10-5

また、メニューの横に青い線が入っているのが確認できます。
レイヤーが選択されている状態です。

それではシェイプを追加してみましょう。

↓丸と線のアイコンをクリックして「ラインやシェイプを追加」をクリックします。

my-map-10-6

計測ツールと同様に線を引いて、始点と終点を繋げましょう。

これで「ポリゴン1」という図形が追加されました。

↓レイヤ内にも追加されています。

my-map-10-7

↓名前と説明を記入しました。

my-map-10-8

ちなみに、説明の入力中に「Enter」を押すと保存されるので、改行したい場合は「Alt + Enter」を押しましょう。

では、次の図形を追加しましょう。

↓図形を表示したいレイヤが選択されている状態で、「ラインやシェイプを追加」をクリックします。

my-map-10-9

↓明治神宮に線を引いて名前を付けます。

my-map-10-10

↓2つの図形を表示させることができました。

my-map-10-11

↓シェイプをクリックして頂点を引っ張れば形を変えることができます。

my-map-10-112

■3.ラインを追加する

続いてライン(線)を追加してみましょう。

作り方はシェイプとほとんど同じです。

↓「ラインやシェイプを追加」をクリック

my-map-10-12

始点と終点まで線を引いたら、もう一度終点をクリックします。

↓終点を2度クリックすることでラインが引けます。

my-map-10-13

↓名前を付けて「保存」をクリック

my-map-10-14

最後は地図に説明文を表示してみましょう。

■4.地図に説明文章を表示する

マーカーを設置したり、図形を追加する際に「名前」と「説明」を記入できます。

「名前」と「説明」は地図上に表示させることもできます。

今回は説明を表示してみましょう。

↓ローラーのアイコンをクリック

my-map-10-15

↓ラベルを設定から「説明」を選択

my-map-10-16

↓地図上に説明が表示されました。

my-map-10-17

■完成した地図

最後に色を調整して完成しました。

■まとめ

今回はシェイプやラインを追加することで距離や総面積が分かるとともに、複数の図形を配置できることを解説しました。

本日のおさらいです。

1.距離・範囲の総面積を測定
2.シェイプを追加する
3.ラインを追加する
4.地図に説明文章を表示する

範囲を設定することで、地図の見た目がとてもリッチになります。

情報を伝えるツールとしては、視線を範囲内に集中させることができますね。

便利な機能なので、ぜひ使ってみてください。

次の記事 >>
Googleマイマップで経路を追加。観光やドライブで大活躍するルートマップを作成しよう【応用編②】

Googleマイマップ使い方講座に戻る >>

スポンサーリンク
336px

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336px