我が道を切り開けるのか?自分を実験台に自己改革を検証・発信するブログを始めます

シェアする

man-1527374_1920

実は当ブログ、2016年4月28日に開設したのですが、最初の意気込みむなしく更新が全くできていませんでした。

4か月経ったいま、掲載できたのは半端な記事がたったの2つだけ。何とも情けない限りです…。

そこで今回は当ブログ「百科堂」の方針をしっかり宣言して、心機一転、初心に戻った気持ちで本格始動しようと思っております。

ブログの目的はなに?

自慢できることなんてほとんどない私が自分自身を実験台に自己改革を実践していき、その過程や結果を報告をしていくのが当ブログの目的となります。

様々なことを調べたり挑戦する中で、私自身がこれは良かった!と思える情報や体験を共有することで、「よし!自分も自己改革を始めてみよう!」と思える人が増えてくれると嬉しいです。

いまは一人ぼっちでも、我が道を切り開くために頑張っていきます。

まずはこれまでの経緯を紹介しつつ、これからの目標を宣言していきます。

ブログを始めた動機は?

ブログを始めようと思った最初のきっかけはとても単純でした。

アフィリエイトってなんぞや?家でパソコンカタカタするだけでお小遣いが稼げるのか!と何とも浅はかな気持ちから始まっています。

今ではインターネット広告について少しずつ勉強したことで、アフィリエイトでお金を得ることは生易しいことではないと知ったのです。

やってみないと分からない

さらに、初めてなのだから軌道に乗るまで無料のブログサービスを使えばいいものを、ネット上の「ブログの始め方」的な記事を読み漁って、どうせやるならレンタルサーバー借りて自前のブログを開設しよう!と張り切って1万6200円払いました。

今でも高い金額だなと感じます。

けれどお金は戻ってこないものなので後悔はしていません。
せっかくお金を出しなのだからやるべきことをやらねばと踏ん切りがついたものです。

ここで得た教訓は、『何事もやってみないと始まらない』でしょうか。

サントリー創業者の鳥井信治郎が残した有名な言葉「やってみなはれ」の精神にもあるように、やってみたことで得られた経験が成功にしろ失敗にしろ必ず自分の経験値となって積み重なっていくのだろうと思います。

ブログを始める上で他の方のブログを読んでいくと「内容の薄い記事を量産するよりも、読んだ人の為になる圧倒的な記事を書くべし」と随所で書かれています。

もちろん同意見なのですが、記事の内容を悩むあまり更新しない日が数か月も続いては(私自身のことですが)まったくもって本末転倒ですね。

継続すること

そこで考えました。他の人が成功しているテクニックを学ぶ前に、まずは「継続する」これを実践しなければ始まることすらないのだと。

私は継続がとても苦手です。

仕事も趣味も運動もすぐに飽きてしまって続ける努力から逃げてきました。

けれど「継続」こそ自分が乗り越えなければいけない最初の壁であると、この記事を書きながら確信しました。

宣言すること

さらにもう一つ。私は今まで自分が決めたことに対して「宣言」をしたことがほとんどありませんでした。

「これをやるんだ!」と心の中で宣言しているつもりでしたが、残念ながら自分に対して甘々なるもので、決意が薄くなって忘れていくことがほとんどです。

だから私はここに宣言します。

「役に立ったと喜ばれるブログを書き続ける!」

まとめ

まだ誰も読んでいないと思いますが、これで世界中に人に宣言したことになりますね。

『継続は力なり』が本当に力になるのか、検証して参ります!

スポンサーリンク
336px

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336px