カフェのコーヒーが1杯100円!低価格でもこだわりを感じるR.O.STAR(ロースター)に行ってみた

シェアする

top-coffee

2012年頃から大手コンビニ各社がコーヒー市場に参入してきたことで、挽き立てコーヒーに注目が集まったのはまだ記憶に新しいですね。

コーヒーは割と好きだけどカフェや喫茶店に入ってまで飲もうとはしなかった隠れファンのハートをがっちり掴むことに成功しました。

一方で、こだわりの豆とブレンド方法で一杯一杯手丁寧にドリップした高級なコーヒーを売りにしているカフェも日本で増えてきています。
この流れは「サードウェーブコーヒー」と呼ばれていますが、実は日本の喫茶店がルーツになっていて、アメリカから逆輸入したスタイルであることはご存知でしょうか。

コーヒーに限らず市場が大きくなることで大衆向けの低価格とこだわりの高価格に分類されて、消費者のニーズを満たしていくのですね。

本日は低価格コーヒーに注目して、安価なのにゆっくり席に座ってコーヒーが飲める「R.O.STAR(ロースター)」についてレビューしていきます。

R.O.STARとは

ケータリングやレストラン事業を展開する株式会社ノンピのグループ会社、株式会社ロースターによって運営されています。
2014年8月25日に東京の豊洲で1号店がオープンして、今では高田馬場と中板橋にもお店を構えています。

R.O.STAR公式サイト

R.O.STAR 豊洲フロント店

今回は1号店の豊洲フロント店に行ってみたので写真を添えてご紹介します。

DSC_0344

東京メトロ豊洲駅のC1出口を出ると目の前にお店が見えてきます。
店内は大きなガラス張りで明るい雰囲気です。

DSC_0340

木目のテーブルと椅子を基調にして一人でも気軽に立ち寄れるお店づくりになっています。
3、4人の団体で入ると席の確保が難しいかもですね。

高回転率で収益を上げるビジネスモデルのようなので、ゆっくりと数時間過ごすには少し不向きかもしれません。
ふらりと入って100円のコーヒーで席に座れるのは、ちょっとした休憩にもってこいですね。

DSC_

注文したのはコーヒー。
店舗を構えているのに価格は驚きの1杯100円!
さっぱりして苦みが少なめでした。

ちなみに紅茶も100円なのでコーヒーが飲めない方にもおすすめです。

この低価格を実現するためにカップのふたやテイクアウトの袋詰めなどほとんどをセルフサービスにしています。

DSC_0339

サンドイッチや軽食も気になります。
電源、Wi-Fiはチェックし忘れていたので、次回来た時に一緒に確認しようと思います。

メトロで豊洲まで来たら、ゆりかもめに乗り換える前にちょっと立ち寄って一息ついてみてはいかがでしょうか!

店舗情報

■R.O.STAR 豊洲フロント店
〒135-0061 東京都江東区豊洲3-2-20-1F
03-6204-2781
AM7:00〜PM20:00(モーニング 7:00-11:30)
50席
完全禁煙
駐車場なし
東京メトロ 有楽町線 豊洲駅C1出口より徒歩10秒

■R.O.STAR 中板橋店
〒173-0016 東京都板橋区中板橋20-1-1F
03-6909-6177
AM7:00〜PM20:00
東武東上線 中板橋駅から徒歩1分

■R.O.STAR 高田馬場店
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-2-B1F
03-6265-9555
AM7:00〜PM20:00
JR山手線 高田馬場駅から徒歩3分

メニュー

menu1

2

出典:R.O.STAR

スポンサーリンク
336px

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336px